20170427
今ほど北朝鮮問題リスクが高まった時はないでしょう。
しかし、展開によっては、硬直状態にある拉致問題を一気に動かす契機になる可能性もあります。

北朝鮮が保有するミサイルの弾頭数が色々報じられていますが、軍事パレードの様子を見ても???の感を持ちますし、ピンポイントでの命中確率が低いことで、「どこに落ちるか?」との不安に萎縮し、いたずらに騒ぎ立てるのは、敵の「思うつぼ」ということになります。

毅然とした、日本人としての覚悟こそ、今求められています。